ベンチャービジネス

日本語でビジネスとはもともと仕事、経済行為のことをいいますが、今では様々な意味を持つように変化してきています。多くの意味をもつビジネスという言葉ですが、今回は近年新しく発展しており、需要が伸びているビジネスについていくつか紹介してみたいと思います。まずみなさんが聞いたことがある「ベンチャービジネス」です。

これは欧米では「ベンチャー」と呼ばれています。「ベンチャー」とは冒険という意味で、これまでなかった新しい技術や高度の知識、新しい仕組みを使ってこれまでの産業界を大きく変化させる小規模な企業のことです。ベンチャービジネスをはじめる企業をベンチャー企業といいますが、日本語では「新興企業」と呼びます。大企業では実施できない創造的かつ革新的な経営、ビジネスモデルを実践することができるのです。「リスクを覚悟して冒険的な事業に挑戦する」ことをベンチャービジネスと位置づけています。

最近ではベンチャービジネスを志望する人の育成機関も整ってきており、投資家とベンチャー企業をつなげる機会も増えています。また、自治体などの支援も始まっており、ベンチャー企業は地方で雇用促進を図る上で大きな期待を寄せられています。地方自治体は大企業の誘致よりも新しいアイデアやビジネスモデルを持つ中小企業や起業前の個人の支援に力を入れるように変化しているのです。また、大学が中小企業と連携してベンチャー企業を展開することも増えています。

▽推奨サイト
フランチャイズでビジネスを始めてみたい方を募集しているサイトです → → フランチャイズ 募集

 

Copyright © 2014 近年話題のビジネス All Rights Reserved.